Pocket

埼玉老健災害対策委員会

埼玉老健協会で定期的に行っている、災害対策委員会に出席しました。

今年の2月24日に、埼玉県老健大会があり、その時に災害対策委員で
寸劇とシンポジウムを行いました。

昨年度はそれに向けて何度も集まったりして、当日の発表も成功しました。

僕も、寸劇でダメ施設の施設長役をしたりしました。
普段から災害対策をしていない施設で、いざ大地震が起きたときに
混乱するさまを演じました。

シンポジウムでは、災害対策委員会に参加した理由をお話ししました。

東日本大震災の時に、計画停電があったりして自分の施設の対応で精いっぱい
被災地支援ができなかったなぁ、との思いから参加しました。

また、災害時に埼玉老健協会の会員施設で物資等の助け合いをする。
そういった仕組み作りもいいなぁと思ったのも参加した理由です。
といったことを発表しました。

洗顔を変えるだけで肌は生まれ変わる!肌トラブルにVCOマイルドソープ

 

全老健大会も埼玉で開催

 

今年は全国大会も埼玉であります。

災害についてということも大会の三本柱の一つ。

4月から年度替わりでしたが、ほとんどの委員が残りました。

それぞれ今年度の取り組みについて意見がだされ、
それに沿って毎月開催されます。

どのような発表になるのか?

埼玉老健協会で取り組んでいる安否コールシステム

備蓄のデータベース化

埼玉での災害事例

などなど、いろいろと意見が出されました。
これから具体的に議論していき、10月の発表に取り組んでいく。
月一の委員会で、県内いろんな施設から集まっているので、
あと半年ですが、おそらくあまり時間がない。

でも、そういった発表の場があるので、
少しでも災害について考える場になればいいと思います。

 

埼玉発の災害対策。頑張っていきます。

大会ホームページ→こちら

彩ろう!豊かな高齢社会を
~老健は地域づくりの担い手です~

10月17日(水)~10月19日(金)

特別企画「防災減災の取り組み」

本大会の三本柱のひとつである「防災減災」について特設会場での演題発表、
ミニシンポジウムを開催します。
災害は待ったなしです。
ぜひこの機会に老健施設における災害対策について一緒に考えてみませんか。

日時:10月19日(金)10:00 〜12:30

ミニシンポジウム
「災害時に頼りにされる老健をめざして~広域相互支援による埼玉モデルの構築~」