Pocket

なんだか最近、目がショボショボします。疲れ目も日々感じています。

僕もそうなんですが、老眼が進んできて細かい字が見えなくなっています。商品の表示とか、かなり細かいですよね。読ませないためか!と思うくらい。

高齢者になると、老眼もありますが、白内障とかいろんな病気で目が見えにくくなっています。なかにはほとんど失明状態に近い方も。

介護ということもありますが、自分のためにも視力低下の原因を調べてみました。

アイケアサプリ【なごみアイ】

 

視力低下の原因

高齢者の視力低下の原因に病気が上げられます。
代表的なのが白内障。加齢で目の水晶体が濁ってくることで起きる病気です。

それ以外にも、緑内障、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症などが上げられます。

白内障

加齢とともに目の水晶体が濁ってきます。60代では8割、70代以上では9割の白内障患者がいるとされています。

40代でもいるんですって。白内障の人が。やばくないですか!

日中は視力が問題ないんですが(眼鏡やコンタクトを使っている場合も)夜になるとダブって見えにくくなっちゃう。それが白内障の初期症状なんですって。

白く濁ったものが、加齢とともに黒目の中心まで広がってきます。すると、かすんでいたものが、より見えなくなってきます。

治療としては点眼と手術があります。

緑内障

目から入ってきた情報を脳に伝える視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。
治療が遅れると失明につながります。

症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。
進行が非常にゆっくりで、両目同時ということは少なく、片目に起きてきますので、見え方に影響がでるのがかなり進行してからと言うことになります。

緑内障は完治できないんです。治療はこれ以上視野が狭くならないように眼圧を下げることが基本となります。

治療は点眼で、視野の欠損が進行する場合は手術もあります。
一生付き合っていく病気なんです。

加齢黄斑変性症

加齢によって、網膜の中心部である黄斑に障害が生じます。見ようとするところが見えにくくなる病気なんです。

黄斑はカメラのフィルムにたとえられます。大きさは小さくフィルムどころではないんですが、視力にかなり大きな影響を与える部位なんです。
加齢により網膜色素上皮の下に老廃物が溜まります。それが直接ないし間接的に黄斑部に障害を与えます。
視野の中心部がゆがんで見えたり、中心部が黒く見えないようになったりします。

治療は薬物やレーザー。手術は最近は行なわれなくなりました。

 

網膜静脈閉塞症

文字通り、網膜の静脈が閉塞するんです。
血管が詰まって血液が流れなくなる病気です。

50歳以上の高血圧の人に起きやすい病気です。
動脈硬化も関係しますね。

静脈が詰まることで、眼底出血をします。血液の行き先が止められて静脈が破れることで出血するんです。

出血箇所によって視力に大きな影響が出る場合もあります。自覚症状がまったくでない場合もあります。どこが詰まっちゃうか?運もありますね。

治療法は眼球への注射をします。または、レーザー治療、視力が悪い場合は硝子体手術も行なわれます。
どの治療法も試行錯誤しながらの状況です。ただ、治療法が増えたことで患者さんの視力の予後は上がってきています。

視力障害者の介護

視力障害があると、歩行されている方ですと転倒のリスクが高いんです。
ぼやけて見えていますので、環境面で障害物がなるべく少なくすることが大事ですね。人が密集しているところを歩くのは避けるようにします。
車いすを操作される方は、物や壁、時には人にぶつかる危険性があります。動き出したら見守りが必要です。

目が見えない方の介助は、声かけが大事です。
慣れないと声かけが利用者様に十分伝わらないことがあります。
的確に説明しながら介助するには経験が必要です。
職員同士で練習するのも有効な方法です。

糖尿病性の病気の方は食事制限が必要です。
もう高齢だからいいんじゃない!
という考えもありますが、議論が必要でしょう。
制限をすることで、糖尿病の進行がゆるやかになることもあります。
本人がコーラをたくさん飲みたいからといって、そうしてあげる。
いろんな角度からの検討が必要ですね。

まとめ

高齢者の視力低下の原因は、多くが加齢に伴う病気なんです。

白内障、緑内障、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、
といった病気についてちょっと学びました。

視力障害者の介護は環境面を整える。また、介助は経験ないし練習が介護職には求められます。
糖尿病の食事制限についても検討が必要です。

視力が低下すると刺激が減り、認知症の進行の原因にもなります。

視力低下は思ったより大きな問題としてとらえることが必要だと思いました。