Pocket

「健康」を売りにしてきたモスバーガーが苦戦していると日経新聞に出ていました。

マクドナルドがいろいろあって、業績が低迷していたときに、モスが注目されていました。

野菜の産地を表示して、健康を意識した消費者にアピール。

「健康」はかなりのアピールポイントだけどなんで減益となったのか?

記事を読むと、他の外食産業も「健康」を売りにしたメニューを出してきたからだそうです。

また、ハンバーガー業界は高価格のものも人気であり、モスは中途半端な価格で話題から埋没しているそうです。

マックはいろんな企画を打って、低迷を完全に脱しました。




介護施設での食事

 

介護施設での食事は「健康」はもちろん、健康管理がされています。

制限食がいくつかあり、

減塩食

カロリー制限食

など療養食が提供され、加算がつくようになっています。

 

食事形態も様々あります。

刻み食、極刻み食、ミキサー食、ソフト食

など、嚥下能力が落ちた方に対応しています。

最近では、極刻み食がかえって誤嚥性肺炎を起こしやすいとなくする傾向になっていますが。

 

そういった、健康に配慮していますといったことを対外的にアピールすることがあまりないのではとも思っています。

外食産業は食の提供が主となりますが、介護施設では食事は付属のサービスと思われています。

年々増えている介護施設の中で、食事についてのアピールも必要になってくるでしょう。

ただし、委託業者をいれていたり、チルドで本部から送られてきたものを温めて提供する形のところも多いので、本流から別と思われがちなんでしょうね。

有料老人ホームで豪華な食事の写真があったりもしますが、それも一つのアピールでしょう。

毎日そんな食事が出されているかは知りませんが。

 

食事は利用者様にとって楽しみなサービスです。

行事食もアピールできますが、日々の食事がどういうものか?

それを発信していくことも大事だと思いました。

男女兼用LP