Pocket

平均利益率3.3%

厚労省は今年度の介護事業経営実態調査の結果を公表しました。

全サービスの平均は3.3%

一昨年度よりも0.5ポイント下がったとのことです。

 

平均利益率3.3%はどうなの?

大ざっぱに言うと、

100万円の費用を使って、

得られた利益が3万3千円。

そう見ると、ビジネスとしてはうまみが少ないといえますね。

老健は3.4%

特養は1.6%

訪問介護は4.8%

通所リハが5.1%

財務省いわく、中小企業の平均は2.2%とのこと。

訪問や通所系が次回の介護報酬マイナスターゲットとなるでしょう。

規模の大小があるので、利益率だけで見るのはどうなのか?

でも、この利益率が介護報酬を左右する数字にされています。

 

ちょっと愚痴も交えて・・・

あと、最近法人税を納税したから言うのですが、

社会福祉法人は法人税、固定資産税がありません。

医療法人、株式会社は両方払います。

そういったハンディを抱えながらも、

利用者様、そして職員確保においては同じ土俵で競う。

不公平でしょう。

というのは愚痴でした。

 

あと半年を切った介護報酬改定。

経営理念というか、基本的な方針はありつつも、

法改正に左右される現実。

それを話題にした研修やセミナーも案内がたくさん来ます。

どのサービス事業所も生き残りに必死です。