Pocket

今日は朝からいい天気でした。

久々に通勤時間帯に東京駅まで向かったので、

混みあう電車は苦痛でした。

朝の9時から開始ということで、

ちょうどラッシュ時間帯でした。


安全推進セミナー 2日目

1 ヒューマンエラーの予防とひやりはっとの具体的分析

~老健スタッフの基本を押さえて考えよう~

本田茂樹氏(インターリスク総研)

2 クレーム対応の実際

櫛橋弘喜氏

3 ロールプレイ・ワールドカフェ

テーマ「誤嚥の事故」

司会 山野雅弘氏  コメンテーター 本間達也氏

チューター 櫛橋弘喜氏 谷口裕子氏

朝9時から夕方4時前までの研修でした。

今日の概要を簡単に伝えますね。

 

1 ヒューマンエラーの予防とひやりはっとの具体的分析
~老健スタッフの基本を押さえて考えよう~ 本田茂樹氏(インターリスク総研)

なぜひやりはっとを集めるのでしょうか。

「やはりひっと」を起こしてはいけない。

事故が起きたとき、あ~やっぱりね。

ということを防がなければなりません。

 

ひやりはっとと、事故は同じ原因で起きたりします。

ひやりはっとのコメント。

気をつけます。見守り強化。

で終わらしてはいけません。

ちょっと離れたすきに・・・

→なぜ離れなくてはいけなかったのか?

その原因を分析し、対応策も具体的なものを考えていく。

 

SHELモデル・4M4Eモデルといった分析手法。

後日記していきます。

 

責任を追及するのではなく、原因を追及しましょう。

ひやりはっとは数をこなすのではなく、

やってなんぼ。実践し活用しましょう。

 

2 クレーム対応の実際

櫛橋弘喜氏

苦情 いやだな~

と思ってしまいますが、サービスの向上につなげましょう。

 

苦情の要因としまして、

利用者家族への説明不足

つまりコミュニケーションが家族と取れていない。

日頃からケアの内容をお伝えし、ご理解をいただいておく。

それができていないと不信感から苦情につながります。

 

状態把握の不足

アセスメントの不足(不十分)だったりしますが、

特に初回のショートステイによくあります。

事故の起きやすい夜間、家でどうなのかを確認しておきましょう。

環境変化のリスクもしっかりと説明。

 

記録の不備

手術はその事実があります。

しかし、介護サービスはその事実がわからない。

記録がないとサービスをしたのかしなかったのか。

しっかりと事実に基づき記録をしておくことです。

 

苦情に関しては初期対応が本当に大事!

よく誠意をみせろといいますが、

誠意とは迅速な対応、積極的な対応です。

 

初期対応は2名以上で対応し、ます相手の主張を最後までしっかりと傾聴。

内容把握し、正確に記録を取る。

話を途中で遮ったり、力ずくで納得させることはダメ。

憶測での説明はダメ。事実関係をしっかり調査した後で報告します。

 

悪質なクレーマーの事例も紹介。

権利意識やモラル低下もあるが、誘因としては施設側にある。

冷静にきちんと対応することが基本です。

 

3 ロールプレイ・ワールドカフェ

テーマ「誤嚥の事故」

 

窒息で死亡した事案をロールプレイしました。

家族側と施設側両方の立場になって、ロールプレイをしました。

 

何で急に、という家族の思い。

食事をなんとか食べていただこうと、なんども試みた職員。

それぞれの気持ちを知ることが目的の一つです。

 

こういったときの説明はかなりシビアな場面ですが、

しっかりと謝った後、原因をきちんと説明することが必要です。

責任は!といわれますが、その場で言うべきことではありません。

きちんと経過を説明し、家族にそのことは理解していただく。

まずはそれに徹することです。

 

その後、ワールドカフェといって、

グループのメンバーを変わり、

リラックスした雰囲気で対話を行いました。

が、それに慣れておらず、ワールドカフェなるものも

初めてなので、なんだかよくわからないうちにメンバーチェンジ。

まあ、大人数の会場で、話ができていなかった人とも話せたことが

良かったかなと思いました。

 

2日間、内容が濃く学びになりました。

明日以降、振り返りを記したいと思います。

そして、それを業務に活かしてこその研修ですので、

今後実践していきたいです。



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村


介護施設 ブログランキングへ

ブログ開設にあたって