今日は雲が多かったですが、少し晴れ間もでていました。

今日と明日の2日間、東京駅近くの会場で研修がありました。

 

「介護老人保健施設 安全推進セミナー」

1日目は午後1時から始まったのですが、夕方の5時まで、

かなり濃い内容でした。

①老健での事故はこうして起こる

②老健での事故の現状

③転倒・転落について

④誤嚥と摂食嚥下障害のメカニズム

⑤入浴時の事故および感染症(ノロ等)の対応について

⑥まとめ

明日も研修があるので、レポートは後日じっくりと

報告したいと思います。


藍の青汁

①老健での事故はこうして起こる

 櫛橋弘喜氏

転倒のリスクは365日、24時間あらゆる生活場面で発生。

何をやっても事故は起きる。

当たり前のことを当たり前に行う(本間全老健副会長の名言)

当たり前のこととはアセスメントとケアプランです。

リスクを予見して回避の計画をたてる。

100%介護事故は防ぐことはできないが、

100%防ぐ努力はしなければならない。

②老健での事故の現状

 山野雅弘氏

事故の裁判事例を紹介。

かなり高額の賠償事例が発生している。

各施設で事故とひやりはっとの報告書を活用している。

その事故、ひやりの違いはずっと議論されており、

各施設で決めてもらえばいいのですが、

全老健安全推進部会では、怪我の治療を要したら事故としている。

事故はどうしても起きてしまうが、

訴訟になっているのは利用者家族とのコミュニケーション不足が多い。

信頼関係を築く。それが一番のリスクマネジメントです

③転倒・転落について

 井田健太氏

転倒リスクについて、理学療法士の立場から述べておられた。

加齢による身体変化

疾病状況

薬剤の影響

そして「性格」

施設内における危険場面を写真で解説された。

利用者の心身状況と性格を見据えて、

環境面で事故防止対策をする必要があります。

老健のリハは週2回で各回20分。(短期集中リハが終了後)

1週間で40分の運動では、機能向上は困難。

生活リハビリが大事になってきます。

職種ごとにリスクに関する視点が違うことがある。

看護は医療面から運動しないことを要請。

リハビリは運動しないリスクを指摘。

リスク行動止めるだけではダメで、

運動機会を設けていく。

各職種が納得いく方法を実行している。

 

④誤嚥と摂食嚥下障害のメカニズム

 本間達也氏

「口福」

食べることで笑顔になることに価値がある。

誤嚥性肺炎だが、まず1日の嚥下回数を説明。

1日800回から1000回嚥下し、

睡眠中も50回嚥下

この睡眠中の嚥下が誤嚥性肺炎の引き金になっていること多い。

夕食後の口腔ケアが大事になってきます。

嚥下の様子をビデオで説明された。

気道に入っていく様子がしっかりと見えました。

刻み食の危険性も指摘。

胃瘻の方の口腔ケアの必要性も説明。

(ためになる話がいっぱいでしたので、後日まとめたいと思います)

⑤入浴時の事故および感染症(ノロ等)の対応について

 谷口裕子氏

入浴時の事故で

溺水

熱傷

外傷

について、事例を通して説明。

外傷については、氏の施設で実際起こった事例を

写真付きで解説。

転倒事故が起きた場合など、

実際の現場に集まって対策カンファをしているそうです。

浴室だけでなく脱衣室も注意が必要。

入浴後はぼーっとした状態になっているので、

しっかりとチェックが必要です。

また、平成22年の年末から年明けで、

ノロウイルスの集団感染がありました。

あっという間に広がったそうです。

その時の反省を踏まえて、

マニュアルの見直し、

職員への教育

組織全体で取り組むといったことを徹底しているとのこと。

 

以上、大まかな報告です。

後日、復習がてら詳細な報告をしたいと思います。

明日もしっかりと頑張ります。

SweepWhite

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村


介護施設 ブログランキングへ

ブログ開設にあたって