Pocket

スポンサードリンク
お得な3本セット用

日本社会福祉士全国大会

今年度は福島県郡山市で開催されます。

ちょうどあと1ヶ月後。

昨年、初めて参加した愛媛大会を振り返ります。

 

愛媛大会 2016.7.2

2016年7月2日、3日
愛媛県 松山市 ひめぎんホール

日本社会福祉士会全国大会が愛媛県松山市で開催されると知り、

社会福祉士会の研修にはほとんど参加していないダメ社会福祉士の私が、

道後温泉目当てで参加することにしました。

 

羽田にはリムジンバスで早めに行き、ロイヤルホスト系列の喫茶レストランと言うのでしょうか、

飛行機を見ながら朝食をとることにしています。
今回も寄ったのですが、店員さんがテンパっていて、窓際の席が片付けが全然間に合わず、

仕方なく中の方の席に。誰か急に休んだのか…
サンドイッチはとても美味しかったです。 ロイヤルデリ

 

松山空港に到着し、少し空港を散策。

ポンジュースの大きな広告、お遍路さん更衣室など四国に来たなあと実感。

実家のある山口宇部空港と似たような作りでした。

 

 


リムジンバスで松山市内へ。

嫁さんは泊まるホテルがある大街道で降り、自分はその少し先の南町で降りました。

すぐ目の前がひめぎんホールです。

受付を済ませてホールに入ると開会式後半で、来賓紹介をしていました。
司会は坊ちゃんとマドンナ風の着物を着ていて、

手話の方と喋ったことが表示される字幕表示モニターがあり、感心しました。

 

講演「新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン~社会福祉士への期待~」

厚生労働省 添田正揮氏

開会式の後、講演「新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン~社会福祉士への期待~」
厚生労働省 添田正揮氏 が行なわれました。

 


現在の課題として、障がい・高齢者・児童といった福祉サービスを

縦割りでなく柔軟に対応することがあげられています。
社会福祉士はそれぞれの分野すべてに関わる国家資格であり、

上記の課題に取り組む上でぴったりの資格です。

しかし、厚労省の中でも社会福祉士は何をする資格なの?

とよくわかっていない方もいる現状があります。

社会福祉士とは何をし、どういったことを解決してくれる専門職なのか、

社会福祉士自身が声を出して訴えていくことが求められます。

添田氏自身、社会福祉士であるとのこと。

これから推進される地域包括ケアの主体として活躍していただくことを期待しますとのお話でした。

以上が私が理解できた概要です。
不勉強なので、講演の要旨が違う!こともあり得ますがご勘弁を。

以下、私の勝手な感想です。

時間が押していたので、予定時間よりも短く講演されていたかと思います。
私自身、地域包括で2年くらいしか社会福祉士としての活動をしておらず、

ここ数年は資格を持っているだけといった状態でした。
確かに、私みたいな方も多くいたりしてるのかなとも想像しますが、

このような大会に参加し、社会福祉士として声を上げていくことを期待する講演を聴くと、

もう少しひとりひとりが社会福祉士としてどう活動するか、

直接でなく間接的であっても福祉のために仕事やボランティアなどで活躍することが大事であると思いました。

 

講演「共に生きる社会を創る」

前厚労省事務次官 村木厚子氏

村木氏は、7年前に逮捕された体験から話されました。
(私が聴いて理解した内容ですので、ちょっと違うこともあります)

 

事情を話す機会ができてよかったと地検に行ったらそのまま逮捕されたとのこと。

弁護士しか会うことができなくなりましたが、周りが変わらず支援してくれたことと、

弁護士方々のプロの仕事で無罪を勝ち取ったと実感されたそうです。
福祉行政に携わり、支える立場にいたと思っていましたが、

ある日突然支えられる立場になった、貴重な体験だったそうです。

 

少子化の進行に対し、先行きが暗いデータがあります。

2030年までの人口推計はもう変えられない。

しかし、それ以降はこれから変えられる。

65歳を高齢者とする定義を75歳とし、その年代の方にも支える側になっていただく。

女性や障がい者の力を活かす。潜在的なパワーはまだまだあると期待しています。

 

社会福祉の敗北と感ずることが、日本の中で起きていることを憂いていると言われました。
自分が11月ころ出所してほっとした刑務所に、食事と居場所を求めて

、高齢者が罪を犯し自ら進んで入ってくる現状。

90代の受刑者いる現状。

ご飯をまともに食べていない子供がいる現状。

刑務所に入っている4人に1人は知的障がい者である現状。

 

少女たちが風俗にスカウトされる。社会福祉の専門職が風俗のスカウトに負けている。

風俗のスカウトは少女たちに話しをじっくりと聞いてあげ、寄り添う姿勢で信頼感を得ている。

週末休みなので、月曜日の昼間来てください。

それでは親身に土日や時間に関係なく話しを聞いてくれる風俗のスカウトに負けています。

行き先は地獄ですが…

 

以上の様々な問題に真摯に取り組む社会福祉士となっていただくことを期待します、

とエールを送っていただきました。

 

この後、シンポジウムが予定されていましたが、観光予定を入れていたのでこの日は参加しませんでした。

どんなものだか?とあまり勉強する気がなかったのですが、

実際参加してみて内容が良かったので少しシンポジウムも気になりました。

 

観光予定のロープウェイまで歩いて向かいました。

といった感じで1日目終了。つづきは次回に。


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村


介護施設 ブログランキングへ

ブログ開設にあたって

スポンサードリンク