Pocket

スポンサードリンク
お得な3本セット用

2011.3.11 14:46

今日は3月11日。
東日本大震災が起こって6年目となりました。

毎日新聞 見つめ続ける大震災より引用

当時は津波の信じられない映像がテレビから繰り返し流されて、
福島の原発が爆発した映像も流れました。

震災時の私の体験

私はその時施設にいて、揺れが大きかったので玄関の花瓶をおさえていました。
すぐ収まるだろうと思っていましたが、一瞬収まった後にかなり長く大きな揺れが続きました。玄関前のリフト車がかなり揺れていたのも覚えています。

そこから電話がつながらなくなりました。
電車も止まり、交通マヒが起こっていることを知りました。
施設では電気やガスは大丈夫でしたが、エレベーターが止まり、食事を階段から運んで上のフロアに持って行ったことを思い出します。

東北ですごいことになっていると耳には入りましたが、施設内でばたばたしており、夜に家に帰ってから大震災となっていることをテレビで知りました。私は自転車で家まで10分。帰るときには国道の車が動かずマヒしていました。

計画停電

翌日、東京電力が原発事故で電力が足りなくなる。それで計画停電を実施するとの報道が流れました。ネットで情報を見るのですが、詳しい情報がわからない。停電となれば、食事の調理、入浴や暖房など様々な対策が必要となります。介護施設ということで、エレベーターは早めに対応して復旧していただきましたが、マンションのエレベーターは復旧の見込みがたたず、デイの利用者様でマンションの方は利用できない状態になっています。
(私の住んでいるマンションも6日復旧にかかりました)

計画停電は3回~4回程度実施されました。それ以外にも計画停電になる予定だったが結局ならなかった時もありました。その時もいつ電気が止まるのか、数時間気にしながら過ごすことになります。特に夕方6時からなったときは、施設も暗くなり、ナースコールも鳴らないので、いつもよくコールされる方はフロアにベッド出ししていました。トイレ誘導も早めにしたりといろいろ対策を立てました。

計画停電で繰り返し停電があったため、空調設備など大型設備に不具合が頻発しました。灯油を屋上の空調やボイラーにくみ上げる設備に不具合が出て、手動でボタンを押してくみ上げました。数時間おきにボタンを押しに行ったりして夜勤者にも負担になりました。余震も頻発し、携帯やテレビ、地域の屋外放送で緊急のアラームが幾度となく鳴っていました。

東北の被害

東北には旅行で仙台や鳴子、そして松島、東松島などに行きました。特に、東松島は水泳のオープンウォーターの大会があり、そこの民宿に泊まりました。被害が尋常でなかった地域です。老健施設でも津波の被害を受け、多くの犠牲者を出しています。
また、原発の避難で要介護高齢者の避難に時間を要し、多くの死者を出してしまった病院・老健の被害もありました。

今でもそれらの被害は記憶にはありますが、詳細についてはだいぶ記憶が薄れていることもあります。この節目の日には、しっかりと振り返る必要があると思います。

埼玉での取り組み

埼玉県は海がなく津波の被害は想定しておりません。しかし、地震は頻繁にあり、首都直下地震が想定されています。埼玉県老健協会の取り組み、各施設でのBCPなど、被害を最小限にし、助け合えるような準備が求められます。

以前書いた記事です

埼玉老健のとりくみ

BCP

地震とは関係ないと思われていた熊本でも大震災が起きています。

日本国内ではどこにいても地震と隣り合わせ。備えを継続していくことが重要です。

スポンサードリンク