Pocket

糸魚川市で大火事

新潟県糸魚川市で大火事がありました。

新潟日報より

 

フェーン現象で火が飛び火し、火元の中華料理店から北側にかけて長時間燃える被害がでております。

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

介護施設の火災事故

介護施設でも、これまで大きな火災事故が起きております。

平成18年1月8日 長崎県大村市 グループホーム火災

死者7名 負傷者3名 出火原因はライターによるものと推定

平成21年3月19日 群馬県渋川市 (無届)老人ホーム火災

死者10名 負傷者1名 出火原因はたばこか?

平成22年3月13日 北海道札幌市 グループホーム火災

死者7名 負傷者2名 1階食堂のストーブ付近から出火

平成26年8月14日 愛知県名古屋市 有料老人ホーム火災

人的被害なし 延長コードのプラグから出火

スプリンクラーが義務づけ 小規模施設は設備投資できるのか?

いずれも、夜勤帯で職員が少ないときに発生している。

グループホームでは職員が1名なので、救命活動は至難の業です。

特養、老健などではスプリンクラーが設置されているので、延焼被害は少ないと思うが、グループホームは当時スプリンクラーは義務付けられていなかった。

現在は義務付けされたが、既存の施設は平成30年3月末まで経過措置となっている。なにせスプリンクラーは設置に大金がかかる。また、消防設備点検で、業者に委託金がかかる。素人では点検しきれないからである。

私のいる老健施設でも、年2回、業者による消防設備点検の実施をしている。それに加え、年2回の避難訓練。年1回、消防署による査察があります。

建物ができてだいぶたつと、消防関連設備が経年劣化し、そろそろ更新時期をむかえます。これが結構お金がかかり、場合によって1000万円近くになることもあります。館内のカーテンも防炎でなくてはならず、月々結構するリースでかりております。

今回、糸魚川市の火事で介護施設に被害があったとは聞いていませんが、まずスプリンクラーがないと、火事で人が亡くなる被害を防ぐことは難しいので、費用が掛かっても必要経費として用立てることが重要です。おそらく補助金も出ていると思いますので、一刻も早くすべての施設にスプリンクラーが行きわたることを願います。

 

 

しっかり勉強すれば受かる!早めの準備が大事です。


臭い人と言われたらアウト!


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村


介護施設 ブログランキングへ

ブログ開設にあたって