私は、介護老人保健施設(老健)で28歳から働き始めました。(バイトを入れると27歳から)現在、もう46歳。だいぶ年月がたちました。

最初は介護職として働き始めました。都内の老健で4年働き、その後埼玉の老健に30歳の時に転職し、今に至っています。

埼玉の老健に移ってからしばらくして、介護職から相談員になりました。

以前からやってみたいと思っていましたが、いざやるとなると知識不足が露呈し冷や汗ばかりかいておりました。その後、ケアマネジャーとなり、地域包括支援センター立ち上げの時に社会福祉士といて異動。そして現在は事務職をしております。

このブログでは、今まで経験してきたことをもとに、老健施設をもっと多くの人に知っていただき、本当は身近な施設なんですよとアピールしていきたいと思っております。その理由は後日書いてまいります。

また、私は大学を6年かかってやっと卒業したり、介護の世界に入ろうと専門学校に入学も介護福祉士が取れない学科に入ってしまったりと、順風満帆とはいかない生き方をしてまいりました。このことも思い返してみます。

介護保険制度は2000年4月にできてから、毎回3年ごとに改正されています。改正されすぎて複雑怪奇な様相を呈してきましたが、こちらについても考察をいれながら、自分の勉強を兼ねて記していこうと思います。

今まで、別のブログで介護保険や老健施設のことを記してきましたが、今回はバージョンアップし(自分独りの勝手な気分の盛り上がり)深く掘り下げることができたらなあと思っております。

このブログで、自分の勉強を兼ねていろいろ書くことにより、少しでも他の方にも役立てると嬉しく思いますし、そうなるように頑張って舞いたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

栃木県湯西川にて





にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村


介護施設 ブログランキングへ